※おしらせ※本ページはプロモーションが含まれています。

GR-V500GT・GR-V450GTの違いを比較!どちらがおすすめ?東芝冷蔵庫

toshiba-grv

幅が60センチなのにたっぷり入る薄型冷蔵庫、GR-V500GTとGR-V450GTの違いについてご紹介します。

GR-V500GTとGR-V450GTは、従来機種「GR-U470GZ」(2022年発売)をより大容量にして、機能性を向上させた冷蔵庫です。

カラーとドアの開きは共通で、フロストホワイト・フロストグレージュの2種類、扉は右開き・左開きがあります。

大容量で入るのに幅60センチの薄型冷蔵庫、GR-V500GTとGR-V450GTはどう違うのか気になりますよね。

カラーはフロストホワイトとフロストグレージュの2色。

両機種とも、ドアは右開きと左開きが選べます。

今回は、東芝冷蔵庫の新モデル2種類の内容量やサイズなど、違いを比較してみました。

目次

GR-V500GT・GR-V450GTの違いを比較

GR-V500GTとGR-V450GTの違いは、以下の2つです。

  • 内容量
  • 奥行きのサイズ

順番にご紹介しますね。

内容量が違う

いちばんの違いは、冷蔵庫内の内容量です。

  •  GR-V500GTの容積:501L
  •  GR-V450GTの容積:452L

「GR-V500GT」は、従来機種「GR-U470GZ」と本体幅・高さは同じサイズで、容積量を増やしたタイプになります。

GR-V500GTはGR-V450GTより、49リットル分多く入ります

GR-V500GTは大容量です!

パントリーなどがあり、冷蔵庫を置くスペースに余裕があるのならGR-V500GTがおすすめです。

奥行きのサイズが違う

奥行きのサイズは、GR-V450GTの方が奥行きが約10センチスリムです。

そのため、GR-V450GTの方が約10センチ奥行きが浅いので、凹凸なく置ける設計となっています。

GR-V450GTは省スペースで置けるタイプです

キッチンのスペースが限られている場合は、でっぱり部分があるとストレスになる場合も。

冷蔵庫を置いてでっぱりを作りたくない方は、こちらのタイプをおすすめします。

GR-V500GT・GR-V450GT共通の特徴

GR-V500GT・GR-V450GTに共通する特徴をまとめました。

コンパクトでスリムでもたっぷり入る

幅60センチのスリムサイズですが、両タイプともたっぷりサイズです。

スクロールできます
tousiba-saize
GR-V500GT
tousiba-size
GR-V450GT
本体幅や特徴600mm
✔️幅60センチで大容量
✔️まとめ買いも安心サイズ
600mm
✔️幅60センチの薄型冷蔵庫
✔️キッチンが広く使える
✔️インテリア性もあり
奥行き704mm649mm
高さ1,850mm1,850mm
定格内容量501L452L
質量108kg104kg
出典:TOSHIBA公式

3段冷凍室で収納しやすい

冷凍室が3段あるので、食材を種類別に分けて整理できます。

2段に分かれている冷蔵庫でも分けられますが、どうしてもごちゃごちゃになりがちです。

1段目はストックスする食品、2段目は使い回し中の食品、3段目は市販の冷凍食品を立てて冷凍できます。

用途別に仕分けておくと、冷凍庫で探す手間も省けます。

冷蔵室も死角がなく見渡せる

冷蔵室にも凹凸をなくして、食材が隠れてしまうことのない設計です。

なので、見落としがなく無駄なく食材が使えます。

また、凹凸がないので隅々まで無駄なく使えるので庫内は広々しています。

うるおいで風味や食感を保つ

冷気にうるおいがあるので、冷蔵室が乾燥しません。

湿度が高いので、食材の風味や食感が保持されます。

野菜室もうるおいで鮮度を保つ

また、野菜室も同様にうるおいのある冷気が補給されるので、約10日間鮮度を保てます。

「使い切りBOX」に野菜を保存すると、やはり約10日間新鮮に保存できます。

氷晶チルドで鮮度長持ち

氷晶チルド(氷のラップ)で、お肉は約14日間新鮮保存ができます。

GR-V500GTフロストホワイト左開き

[標準設置無料]東芝 GR-V500GTL-TW(GRV500GTLTW) VEGETA 501L 5ドア冷蔵庫[左開き←]

▼GR-V450GTフロストグレージュ左開き▼

(5月上旬発売予定)東芝 GR-V450GTL(TH)【左開き】452L 5ドアノンフロン冷蔵庫 VEGETA フロストグレージュ GRV450GTLTH ※配送設置:最寄の商品センターよりお伺い致します。[※サービスエリア外は佐川急便にて手配] ※商品画像は右開きです。

従来機種GR-U41GXHの特徴

従来機種は、GR-V500GT・GR-V450GTと重量や高さはほぼ同じ。

スクロールできます
従来機種
GR-U470GZ
(生産終了予定)
GR-V500GTGR-V450GT
内容量411リットル501リットル452リットル

内容量が 41リットル〜90リットル少ないのが特徴です。

▼従来機種GR-U41GXH400Lサイズ左開きはこちら2022年発売▼

冷蔵庫 東芝 大型 5ドア 411L 左開き 幅60cm グランホワイト VEGETA GR-U41GXHL(EW)

※GR-V500GTの従来機種「GR-U470GZ」(2022年発売)は生産終了品です。

GR-V500GT・GR-V450GTの基本スペック

こちらは、基本スペックです。

スクロールできます

GR-V500GT

GR-V450GT
カラーバリエーション(TH)フロストグレージュ
(TW)フロストホワイト
(TH)フロストグレージュ
(TW)フロストホワイト
ドアの開き方片開きタイプ(右開き/左開き片開きタイプ(右開き/左開き
冷却方式
新鮮ツイン冷却システム
(うるおい冷却器+パワフル冷却器)
省エネ
節電機能
省エネ
ecoモード
冷蔵室
タッチオープン
冷蔵室
照明(LED)
ワイドシーリングブライト照明ワイドシーリングブライト照明
冷蔵室
ドアポケット
フリードアポケットフリードアポケット
チルドルーム
氷結晶チルドモード
チルドルーム
速鮮チルドモード/ 解凍モード
チルドルーム
段数
1段式1段式
野菜室
野菜室がまんなか
野菜室
ミストチャージユニット
野菜室
おそうじ口
冷凍室
切り替え冷凍
冷凍室
冷凍方式
オートパワフル冷凍(可変プレクール)オートパワフル冷凍(可変プレクール)
冷凍室
3段冷凍室
製氷室
かってに氷
除菌・脱臭
UV-LED
(野菜室・チルドルーム)
除菌・脱臭
庫内除菌(冷蔵室・野菜室)
Ag+マルチバイオ脱臭
(除菌・脱臭)
Ag+マルチバイオ脱臭
(除菌・脱臭)
除菌・脱臭
抗菌ハンドル
無線LAN接続
loLIFE
スピーカー
年間消費電力量
50/60Hz(kWh/年)
279(kWh/年)261(kWh/年)
各製品の比較

GR-V500GTをおすすめする人

GR-V500GTがおすすめなのは、

  • 家族が多い
  • まとめ買いをする

とにかく、大容量の冷蔵庫で保存する必要がある人です!

GR-V450GTより49リットル分多く入るので、ちょっと買いすぎたかもという場合も安心です。

GR-V500GTは食品を多めに保存できる

GR-V500GTフロストグレージュ右開き

[標準設置無料]東芝 GR-V500GT-TH(GRV500GTTH) VEGETA 501L 5ドア冷蔵庫[右開き→]

GR-V450GTをおすすめする人

GR-V450GTがおすすめなのは、

  • キッチンをスタイリッシュにスッキリと使いたい
  • 内容量は452リットルあれば十分

という方にぴったりです。

GR-V450GTは奥行きが約10センチスリムなので、でっぱりがなくスッキリと置けます(※シンクなどのサイズはご確認ください)。

GR-V450GTは凹凸なく置ける

GR-V450GTフロストホワイト右開き

GR-V500GT・GR-V450GTの違いは?おすすめポイントまとめ

東芝GR-V500GT・GR-V450GTの違いと、おすすめポイントをご紹介しました。

「GR-U470GZ」(2022年発売)を、サイズはほぼ変更しないで内容量を増やし、冷蔵冷凍機能を充実させたのが「GR-V500GT・GR-V450GT」となります。

GR-V500GT・GR-V450GTの違いは、内容量と奥行きのサイズです。

内容量の違いは、以下のようになっています。

  •  GR-V500GTの容積:501L
  •  GR-V450GTの容積:452L

奥行きのサイズの違いです。

  • GR-V500GT:704mm
  • GR-V450GT:649mm

冷蔵庫本体のサイズは、ほとんど同じなので「内容量」と「奥行き」の長さが選ぶポイントです。

内容量」が多い方がいい場合はGR-V500GT、「奥行き」がスリムなタイプがいい場合はGR-V450GTをおすすめします。

どちらも冷蔵冷凍機能はおなじで、より使い勝手の良い冷蔵庫といえるでしょう。

自分のタイプに合った大容量冷蔵庫でストレスなく過ごしましょう。

▼GR-V500GT左開き▼

▼GR-V450GT左開き▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次